Fragments

About
Archives
Portrait models
2014-03-05

整体は二週間に一度のペースで通っています。
通い始めは、ずっと緊張しっぱなしだと言われていた身体が、すこしリラックスできるようになってきました。

前に、「ボキボキやる整体じゃなくて、愉気(ゆき)してもらってる」と書きましたが、
愉気とは、ツボに手を当てるというシンプルな行為です。
といっても、気を注入!するというわけではなく、手のひらで暖めるというだけでもなく
触ることで身体の反応を引き出し、緊張をゆるめて、疲れをとるという行為です。
反応のいいときは、身体がいっきに温かくなって、しばらくすると肩や足が涼しくなってきます。
それで身体にこもった熱(疲れ)を外に出して、調子を整えていくわけです。
と、文章で書いていると、怪しげにおもわれる方もいるかもしれませんが・・ 笑
私の場合は、試しにワークショップに参加してみたら、思った以上に身体の反応が強くて、
それで「すごい!これは効果ある!」って一気にはまってしまったのです。

野口整体には、「活元運動」という、頭をからっぽにして自由に身体を動かす体操が
あるんですが、そちらは私の身体の緊張が強いせいか、あまり反応が無く、愉気の方が合っているようです。
(活元運動は、人によってはすっっごい反応が出ます。すっっごい、って何だよと思われるかもしれませんが
要するに派手な動きってことです。その人のオリジナルな運動なので、説明が難しいのです)


整体入門 (ちくま文庫)

< previous :  next : >